養成講座について

1.広報担当者さん向けの研究や教育コンテンツ

お客様の元にいらっしゃる従業員さんに、一人前の広報担当として色んなスキルやマインドセットを身につけてもらうオンライン講座や、それに準ずる一連のコンテンツ、あるいはカリキュラムを用意しなくてはいけないと考えています。

人材育成の一角としても十分に機能させつつ、中小企業に圧倒的に不足している広報機能を、世間や市場が求める水準まで高めつつ、今後のWebマーケティングにも対応していけるだけの技術や考え方も身につけてもらえるのがベストではありますが、なにぶん始めたばかりなので、どういったコンテンツが有用なのか、果たして自分に教える能力があるのかどうかという部分がネックになっています。

そうはいいつつも、延々と自分一人で全てを対応することもできないですし、やりながら見えてきた成功事例や有効なもの、役に立つコンテンツや初心者にも扱えるツールキットなども徐々に用意できるとは予想しているので、B級やC級レベルのコンテンツをいくつもちりばめつつ、少しずつ質を高めていくような状態を早く作らなければと思っています。

2.仮面ライターの代わりを担う弟子養成系セミナーや講座など

キャパシティの問題や価格設定の問題をクリアするには、上記のような養成講座も確立していく必要があると考えていますが、いかんせん、まだこのサービスで十分な成果や報酬が得られるかどうかがわかっていませんので、すぐに対応することは難しいというのが正直なところです。

また、表面的には誰にでもできる業務が9割ですが、目に見えにくいところで微妙な職人芸を要するところもある業務でもあると思うので、果たして講座やセミナーを一所懸命やるだけで、色んなことを身につけていただけるのかという疑問もあります。
ただ、自分ができているのだから全員とは言わずとも、一定の人なら真似していただけるとも思うので、何をお伝えしていけばいいのか、この業務を支えている技術や考え方の正体は何かという棚卸の部分さえなんとかできれば、人材教育にお詳しい方やコーチング、ティーチングにお詳しい方のお力添えもいただきながら、カリキュラムを構築することは難しくないとも思っています。

現状は、私一人で未熟ではあるものの効果がありそうなレベルのサービスを提供して、結果を少しずつ確かめながら実力を伸ばしていくのが先決であるため、価格の設定に多くの問題を含んでいるとは思うのですが、養成講座などが十分機能する頃になれば色んな問題を解決していけるとは思っています。

いずれにせよ、走りながら考えていくしかない性質のものだとは思うので、将来的に用意していければというのが現状の考えです。

3.ささやかな野望の一つとして

「養成講座」と「広報担当向けスクール」とを単独の事業として成立させてみたい。

まだまだ立ち上がったばかりの部分すら、しっかり動かせていない上に、上記の問題もある状態ではありますが、一つ一つ課題をクリアしていけば、前者も後者も事業としては十分に収益を上げられる性質のものだと考えています。

前者の場合は、民間の認定資格や専門家の派遣業へ発展する余地があるとも思いますし、後者は後者で、制作系の講座とともにクリエイターなども含めた実践的なスタイルの教育機関まで育てていくことができれば、十二分に社会に貢献する事業になると思うので、いずれの野望も頭の片隅に置きながら、まずは目の前のサービスをしっかり育てていこうと思っています。