サービスの狙い

1.「緊急でない重要事項」に注力する機会を提供したい

Webサイトの活用やSNSの本格稼働、広報部の設置など、「余力があったらやりたい」けども「今すぐには役に立たない」から取り組んでいない施策じゃないかと思います。
会社を興した後に大きくするために必要な参謀、No.2な右腕もいて欲しいけれども、コスト的には最初は割に合わないから置かないで、組織的にしっかりまとまる前に体力が尽きるまで瓦解に向かって走ってみるという中小企業さんも、少なくないんだろうなと。

また、勉強が必要だけれども安価で便利なツールが沢山出ているにも関わらず、勉強を嫌って陳腐化するしかないツールを大事に補修しながら使っている会社さんも少なくないと思います。

安価なツール、便利なサービスも沢山あるのにも関わらず、生産性を上げるために重い腰を上げるところまでは至れていないというのが、多くの会社さんなのではないでしょうか。

そういったところへ、気合を入れずに変化していけるんだということを提案、提供していきたいというのが本サービスの根底にある狙いです。中長期の施策しか取らないサービスを安価に利用していただいたり、便利なツールをサポート付きでご利用いただくことで、収益体質を徐々に強化しながら、「変わっていっても大丈夫だ」という安心感を持っていただく。
「緊急でない重要事項」に取り組む時間や体力を徐々にとっていただくというのが、一つ目の狙いです。

2.組織やリーダーに、「安心して変化できますよ」と促していきたい

「今まで」とは違う、先を見通し難い世の中になってきました。また、「今まで」と同じやり方が通じ難い世の中にもなってきました。マスコミによるプッシュや印象操作も必ずしも有効ではない上に、SNSでの情報の受け取られ方もだんだん変わってきたように思うのですが、それでも先が見通せないからこそ、変化を選び難い、変化するのが怖いというのも分からなくもないです。

そして、自分たちが変化するのが怖いけれども、売上が上がっていないのは、Webサイトや現場社員が悪いからだ、と結論をつけて、「もっと安いところ」とか「もっと見栄えを」とか、どんどん顧客の気持ちとは裏腹な方向へリソースを持って行きたがる、良くない傾向の中小企業さんをチラホラ見る機会がありました。

でも、売上が上がらないのは、Webサイトのせいでもなければ市場のせいでもなくて、リーダーや組織、自分たちにあるんだと気がついていただきたい。
リーダーや組織が変革を恐れない体質にならなければ、現場も力を発揮し難い状況が続いてしまうと思います。

とはいえ、いきなりは難しいと思うので、まず私をご利用いただいて、広報を強化してみるというささやかな変化、トップダウン、ボトムアップの情報の流れを作ってみるという変化を取り入れてみても怖くないということ、新しいツールを取り入れてみても、自分たちの個性も存在価値も無くならないんだということを、少しでもお伝えしていければと考えています。

今まで続いてきたのなら、きちんと顧客に向き合い、自分たちに向き合い、時代に向き合い調整を進めていけば、多少の変化は怒っても、怖いことはありません。
変わっていくドキドキを小さくしながら、安心して変わっていけるようにサポートしたいと思います。

3.日本という国の世直しをしたい

日本人は、1日平均して9時間前後働いているのに、1人あたりのGDPは決して高くなく、需給ギャップが供給過剰な方に約10兆円。都会に集まった人たちは児童虐待や待機児童に悩みながら、全国的には人口減少という局面。

何かを変えなきゃいけないのに、自分たちで変わるのはあまり望まず、自分の頭で情報を得て考えようとしない人も一定数いるらしい現代日本。少しでも状況を変えなければ、未来に期待は持てないまま国が衰退してしまうことになる。

そういった世の中を少しずつ変えていくために、「緊急でない重要事項」に取り組みやすいようにし、リーダーや組織には「変わっても怖くない」という意識を持っていただきながら、短い労働時間でも十分に利益があげられる魅力的な商品やサービスを提供していける世の中になれば、もっともっと生きやすい世の中がやってくるのではないかと考えています。

人の弱さを認めながら、それに立ち向かう努力を続ける。
人の意識を少しずつ変革しながら、会社や家庭を変えていければいいなと思っています。

生産性の高い企業が増えれば、それだけ明るい家族も増えます。
明るい家族や知的で豊かな家族が増えれば、それだけ付加価値の高い商品やサービス、個性的なモノも出てきて楽しい社会が訪れるのではないかとも期待しています。

老人化が進み、固定化が進んだ冷たく硬い日本ではなく、若々しく熱さに満ちた日本を作るきっかけにするべく、本サービスを全力で提供していきたいと思います。