『横浜駅SF 全国版』を読んでみた

インプット、アウトプットの息抜きに新着図書として借りた本。筆慣らしにまとめてみる。

約 4 分で読めます。

ブログを読む

『〈面白さ〉の研究』を読んで見えた「コト消費」のヒント

「こんなん書いてる場合じゃないでしょ」、第三弾。コト消費にこだわる理由、人だからできるコトの理由、「ゲーム」や「受け手」にこだわる理由がここに書いていなかったかな、と以前読んだ本を再読してみた。

約 7 分で読めます。

ブログを読む

『国際秩序』を読んでみた

「これを更新している場合じゃないだろう」、第二弾。ヒラリー・クリントンが評価したという、「向こう側の思想」を少しでも把握しつつ、これを出した意図も読み取れればと思って手に取ってみた。上手くまとまるでしょうか……。

約 6 分で読めます。

ブログを読む

『エッセンシャル思考』を読んで気づいたこと

こういうのとは違う記事を戦略に則ってやらなくてはと思いつつ、その後の考えにも影響していくだろうから、書くだけ書いてみる。

約 4 分で読めます。

ブログを読む

『夫のちんぽが入らない』を読んでみた

年明け頃から話題になっていた書籍を、書くときの参考にと思い読んでみた。ネタバレすらしない程度に、思ったことをつらつらと書いてみる。

約 3 分で読めます。

ブログを読む

スナフキン的高等遊民で、「創造的破壊」をやっていきたい

「結局、何をやってる人なのか」第三弾。『3種類の日本教』という書籍も合わせて、「働き方改革」に対して思うこと、何をやろうとしているのかを書いてみる。

約 5 分で読めます。

ブログを読む

『危機を覆す情報分析 知の実戦講義「インテリジェンスとは何か」』を読みながら

『私たちはどこから来て、どこへ行くのか』と同時期に読んで、終わらせていなかった書評をついでにやっておく。最近気になることも混ぜられればと思いつつ、思いつくままに書き散らしてみる。

約 5 分で読めます。

ブログを読む

『私たちはどこから来て、どこへ行くのか: 科学に「いのち」の根源を問う』を読んでみた

昨年の秋頃に読んで以来、しばらくまとめるのを先送りにしていた書籍。ここにきて、考え始めたことと通じる部分があるように思えてきたので、改めて読んだ雑感を整理してみる。

約 4 分で読めます。

ブログを読む

貨幣も経済も、「複雑系」かもしれない

『21世紀の貨幣論』を読んでみると、貨幣や経済の領域も、最近気になっている「複雑系」に収斂してきたような気がします。その辺を、書いてみました。

約 5 分で読めます。

ブログを読む

「世界」も大きな複雑系に変わりつつある

物凄く新しい可能性を秘めた時代がやってきている。大きく崩壊しそうな可能性があるからこそ、大きな果実を拾うチャンスもある。そういう「新世界秩序」について、考えをまとめてみました。

約 4 分で読めます。

ブログを読む