「Webサイトがあれば上手くいく」というケースも短命だった

2017.08.26

経歴を振り返る中で遭遇した、レアケースでの失敗事例、反省事例にも触れてみる。思考の変遷を少しでも示せれば幸いなのだけれども、上手くいくかな? お楽しみいただければ幸いです。

この記事は 約 6 分で読めます。

,

「Webサイト」や広告戦略に期待を寄せすぎるビジネスも短命だった

頻繁に遭遇したケースというよりは、稀に出会うケース。商売が上手くいかない理由を、「Webサイト」そのものやそのWebサイトを作った「業者」に求めている方へ奉仕すると、大体失敗する。本当に上手くいかない理由がその辺りにあったとしても、商売が上手くいかない理由を自分以外、他責にしている時点でもう危うい。

制作業者との関係が長く続かない、あるいは上手く発注できない、上手くサイトリリースまでプロジェクトを動かすことができないのは、ほぼ業者の責任ではなく、発注する側の組織そのものや、発注側のトップにあることが多く、それに気がつかないまま問題が表出しやすい「Webが悪い」になっていると多分、Webサイト制作というか、ビジネスそのものが上手くいかない。

社内の人事や情報伝達、人心掌握も上手くいっていないケースがチラホラ。ワンマン型、カリスマ型のリーダーの場合、稀によくある。

「Webサイト」でいきなりホームランを狙うケースも短命になりがち

リリースしてすぐに大きな利益を出したいと、見栄えのいいサイトを作ろうとしてみたり、練りの浅い企画をなんとかしようと矢継ぎ早に見切り発車のオーダー変更を飛ばしてくるケースも、上手くいかない。作る側を単なる道具としか見ていないケース、プロと見て仕事を任せていただけないケースも、関わるだけ損なケースが多い。

一定の方針を示して、それを達成するために戦略を組み立てることができない「走りながら考える」が強すぎるリーダーの元では中々上手く進めることができない。虻蜂取らずというか、二兎を追う者は一兎をも得ずというか、振り回されるだけ振り回されて終わることになると、出来上がったWebサイトは、まず役に立つことはない。総花的な作りになってしまって、どんな目的を達成すればいいかも分からなくなる。結局は見栄を張った虚勢だらけのコンテンツになってしまって、使い勝手は二の次、三の次になってしまって短命なプロジェクトに終わってしまいがち。

最初から大きな利益を狙いに行ってしまって、サイト制作を「投資」ではなく「投機」にしてしまうリーダーも、問題が多い。新しく作る場合も、リニューアルする場合も、時間をかけて机上の空論を膨らませて全力で臨機応変なオーダーに対応してみたところで、基本的にはからぶるのが精一杯。リリースしてからも、ろくにデータを取って対策することなく感性に任せて伝えたい情報だけを発信するような運営をしてしまうと、ますます利益は遠ざかってしまう。

大きく作る、じっくり時間をかけて作る、見栄えを良くするために予算を膨らませる、どれも失敗につながるやり方な気がする。

Webサイトが出来上がるまで発注元が動かないケースも、失敗する

「作りさえすればなんとかなる」とか「ビジネスプランとネタとを持ち込んだら、あとは任せておけばいい」というケース、丸投げするタイプもまず失敗する。ビジネスの現場である人たち、ビジネスがどんなものかを知っている人たち、あるいはどんな着地に持って行きたいかを知っている人たちとの協力がないと上手く作れないのに、「作れば後は合わせて動く」みたいなスタンスの顧客だと上手くいかない。

そもそも、「企画」だけでどんなコンテンツを盛り込むのか、どんなコンテンツを用意するために人材が必要なのかも十分に検討していないケース、具体的に動き始めれば何が必要なのか、コンテンツを大量に保持するなら、どんな形で保持するのか、どんな形で更新するのかなどのワークフローも二人三脚で検討する姿勢がないと、まず上手くいかない。ツールさえ出来上がれば上手くいくんだと、半ば他人事の状態で発注されても上手くいくとは思えないし、実際に上手くいかないケースもいくつか見てきた。

教訓1.「いいサイト」だけがあっても、ビジネスは上手くいかない

ビジネスが上手くいかない理由は、外部要因があったとしても、自分にあると思っていただける方でないと、何をご提供しても上手くビジネスを展開することはできない。今は上手くいっていても、長く続けられるかどうかは怪しくなってくると思っていただきたい。ビジネスのネックを「Webサイトの見栄えや業者が悪いからだ」と思っているうちは、何も上手くいかない。

その状態のまま、新しい業者を探したり、新しいネタを使ったサイトを立ち上げるようなことは避けたほうが無難。また、そういうパターンで声をかけられても対応しないのが無難。いずれ、プロジェクトのマネジメントに師匠を来したり、相手の組織が自然に崩壊していくという現象に巻き込まれるようになる。

教訓2.「まずはヒット。検証を重ねてホームラン」を目指す

いきなり狙いを絞ったサイトを時間をかけて作らないほうが無難。反応を検証しながらズレを修正していく、コンテンツの追加なりサイト構成の変更なりをかけられるのが、Webの最大の強みだと思うので、まず中途半端な仕上がりでもいいので公開してしまうこと。検索流入の傾向や、サイト閲覧の傾向、ユーザーの情報と本当に来て欲しいユーザーとの想定を埋めるような方向でPDCAを回すのがベター。

嫌われない程度のデザイン、過不足のないシンプルな形から始めてみて、徐々に狙いを研ぎ澄ましていく、デザインを専用に作り変えていく、サイト内の文章や増やしていくコンテンツを見極める方が費用と回収の関係で心理的な負担も軽くしやすいはず。

教訓3.「Webサイトがなくてもやれるところまではやる」ぐらいで協力してもらう

「Webサイトがないから動けない」のではなく、「Webサイトができなくても」ビジネスを作るために動いてもらう。一緒にビジネスを作っていくという感覚で発注者にも汗をかいてもらった方が、Webサイトリリース後のビジネスが短命に終わらないで済む。必要な原稿の準備や人材の調達なんかもお互いに協力し合えるかどうかも、重要。また、サイトがなくてもビジネスが動かせる状態、試作状態での検証環境なんかも用意してもらえると、サイトリリース後のスタートダッシュが見込みやすい。

Webサイトを作る側も、Webサイトを発注する側も、アウトソースする先の外注さん、出入り業者、ツールを作るだけの人たちだと思って関わってしまうと、Webサイトリリース後のビジネスは短命に終わりがち。やはり双方で二人三脚の状態を作ること、しっかりコミュニケーションをとること、お互いの仕事に対してコミットメントすることがビジネスを作り上げる上では大事なことなんじゃないかと思う。

いいビジネスを作る、いいサービスを協力して提供する。ユーザーも安心して利用してくれる。当たり前とも言える状態を作るのが中々難しいんだろうけど、アナログな部分、泥臭い部分もしっかりやっていかなきゃいけないなと考えている。

執筆者プロフィール

長谷川雄治(はせがわ・ゆうじ)

物書きな作れるWebコンサルタント。
HTML/CSSのマークアップやWordPressのカスタマイズ案件を経験し、サービス構築やブランディング、サイト設計や戦略プランニング、各種原稿、書類作成まで担う。
独自色の強いコンテンツマーケティングの人という立ち位置も見出だしつつあり、不足しているものを補うべく、日々実践中。

2017.08.26

2018.04.29

Loading...
Facebook Messenger for Wordpress