「お金」より「時間」の節約を考えて

2018.05.23

Webサイト制作やWebマーケティングの話をするとどうしても出てくる、「無料」というキーワード。数ある選択肢とそれに対する考えも、幕間というタイミングでまとめておきます。

この記事は 約 7 分で読めます。

, ,

Webサイト制作や、SNSの利活用をご案内していると、よく「無料のサービスでいいんじゃないか」とか「お金をかけなくてもいいんじゃないか」というお話もいただきます。また、一部の事業者が無料のサービスをオススメしているシーンにも、オンライン、オフライン問わず出くわすことがあります。

2010年頃だと、一般の方向けには無料のブログサービスやmixi、TwitterといったSNSぐらいだったように思いますが、WordPressやMTといった無料でも使えるオープンソースCMSの登場や、Wix、Jimdo、ペライチやAmeba Owndなど、無料もしくは低価格でWebサイトを制作、運用できるサービスも登場しています。通販サイトも、基本無料 + 手数料といった価格で使えるものが出ています。そんな中、どういう基準でツールやサービスを選択しているのか、きちんとご説明していないかと思うので、改めてアウトプットしようかと思います。

大事なポイント 「自分の時間」が最も貴重

お金は取り戻せても、自分の命は戻ってこない。

目の前のお金を大事にしようとして、自分の人件費や、関わってくれている人の人件費がいかに高いか、いかに貴重かを忘れている方が案外多いです。お金を使って捻出した時間で利益を生み出すことは可能ですが、お金を捻出するために投じられた時間は戻ってきません。時間が一番貴重な資源じゃないでしょうか。

特に個人事業主、経営者にとっては時間は貴重品です。できる範囲で時間をお金で買い、捻出できた時間でいかに大きな利益を生み出すか、時間当たりの利益性をいかに高めるかが肝といっても過言ではないでしょう。創業時、成長の上がり幅が大きい時期ならより一層貴重なはずで、お金を守るぐらいなら、投じたお金をすぐに回収する、それ以上の利益を生み出すつもりで行動する方が、健全な判断じゃないでしょうか。

コツコツ積み重ねて、時間を生み出す方法もある

その瞬間にお金で買うだけでなく、少しずつ土台や基礎を積み重ねていって、時間あたりの効率を上げる、時間を捻出するという手法もあります。スキルの成長や知識や知恵を駆使することで、それまで時間がかかっていたことを短縮したり、自動化や習慣化を見出して、効率を上げることもあるでしょう。

信用や信頼、ブランド力や影響力といったものも時間をかけて積み重ねれば、毎回ゼロから努力するより短い時間で、目的を果たせるようになります。アナログでも効果を発揮する積み重ねですが、デジタルの世界でも同じか、場合によってはそれ以上の効果を発揮します。

つまり、積み重ねが生きるかどうか、時間当たりの利益性を向上させる、生産性を上げるために寄与するかどうかが重要になってきます。

無料サービスだと、積み重ねが無に帰すかもしれない

お金をケチったために、努力が水の泡になる可能性がある

ブログサービスやSNSだと、意図していなくても「アカウントの凍結や削除」が行われる可能性があります。または、「急なサービスの終了」ということもありえます。ブログサービスやSNSに一所懸命取り組んで記事や写真を蓄積していたとしても、その積み重ね(=データ)を手元に残せず、全部消されてしまう可能性はゼロではありません。

アクセスなり、なんらかの評価なりを必死に集めていても、個別のアカウントが消えてしまったり、大元のサービスが消えてしまえば、それもまたゼロから作り出さなくてはいけません。貴重な時間を使って取り組んできたのに、です。

ドメインやデータを引き継げる、移動できる状態であれば、最悪の場合一から作り直すことが可能です。ドメインへの評価を引き継ぐことも可能でしょう。でも、無料サービスが提供してくれる無料のドメイン、URLではそれが基本的にできません。年間数千円をケチったために取り組みは無駄になり、せっかく集めていたアクセス、見に来ていたユーザーは行き先を失うことだってありうる訳です。

だから、「無料」や「安価」で判断するのなら、まずは「積み重ねが有効かどうか」と、「(デザインも含めた)データやドメインが他へ移しやすいのか」を基準に選択してください。データの命運も、ドメインへの評価も自分で握れる状態にしておくことをお勧めします。もし、そうでないなら、特定のサービスとともに自分の努力は闇に消えるかもしれないということ、一蓮托生になっているということを覚悟しておいてください。

本業に割く時間を最大化できるなら、専門家に頼みましょう

趣味の範囲で自分でやるのはOK。本業を逼迫するようならNG

もしあなたがWeb関係や制作関係を本業とする方なら例外ですが、そうでないなら、「自分でやればお金がかからないから」という判断で、Webサイト制作やブログカスタマイズ、各種サービスの運用に多くの時間を費やすのはオススメしません。餅は餅屋、WebのことはWeb屋に任せましょう。

「自分でやればお金がかからない」と思われているのなら、自分の人件費を忘れています。また、あなたの商品やサービスにお金を払いたい方は、あなたの「本業の部分」や「あなたの人件費」に対してお金を払ってくれています。もし、自分の払ったお金が「本業以外の時間」に費やされているとしたら、どうでしょう? 誠実な行為といえるでしょうか?

趣味の範疇、本業に影響しないなら問題ないですが、そのお金を使えば、もっと多くの利益を生み出すことにつながる、時間当たりの生産性を向上できるのであれば、迷わずに専門家と連携するべきでしょう。

ただし、「本当に力になれるWeb屋さん」は貴重です。あなたの右腕になってくれる理解あるWeb屋さん、信頼できる専門家を見つけられないなら、全部任せるのは危険だと思うのでご注意ください。

無料サービスを有効活用したいなら、戦略が必須

色んなSNSの有効活用はもちろん、各種ブログサービス、無料のサイト構築サービスだって、使い方次第では「積み上げ」に寄与する手法も見つけられるでしょう。どのツールでどの部分を強化するのか、どう利用するのかをきっちり見極めて、戦略的に活用していくのであれば、無料サービスに打ち込んでも問題ないかと思います。

その場合でも、独自ドメインと最終的に流れ込むWebサイト、自社メディアサイトぐらいは保有しておくのがベターでしょうか。無料ブログサービスや各種SNSの公式アカウントページなどの方が、育ちきっていない自社サイトより検索に強かったり、アクセス数が多かったりしますから、それらを有効活用して育てたいWebサイトへなんらかの積み上げを行うというのは有効な手法でしょう。

しかし、これぐらい戦略的な活用、戦術的に間違いのない運用をしていくには、専門家との連携を探った方がいいでしょう。本業に割く時間、あるいは本業の質を上げるための時間を十分に確保しないまま、専門家でもフルタイムを捧げたくなるレベルのWeb利活用を回せるとはあまり思えません。(業界を卒業された方とか、同業のご経験者なら別でしょうけど)

いずれにせよ、無料のサービスを扱われるのなら、そういった事情に明るい人と相談しながら使われるのがベターでしょうか。

お金を節約して、時間を無駄にしないでください

むしろ、お金は上手に使って、上手に利益を生み出すようにしてください。最初はどうしても大きなお金は使えないでしょうけど、お金を守って時間 = 命を犠牲にするのは避けた方がいいでしょう。

それに、心ある事業者や事情を聞いてくれる業者であれば、多少は相談にのってくれるとも思います。本当に将来性のある事業、誠実な事業者であれば、お互いに無理のない条件へ着地して、規定外の料金で無理を聞いてくれる可能性はゼロではないでしょう。ただし、無理を聞いてくれたなら、誠意をもって提示された条件に答えて上げるようにしてください。

「そんな事業者、見つからないよ」という方がおられましたら、弊社までお声掛けください。メールやメッセージでのご相談なら、気が向く限りは無料で対応させていただきますので。

目の前にあるのは、無料のサービスであっても、本当に無料で使えるのかどうか。よくよく考えて手を出すようにしてくださいね。自分の人件費、自分の時間はご自分で思われているより高いですから……。

執筆者プロフィール

長谷川雄治(はせがわ・ゆうじ)

物書きな作れるWebコンサルタント。
HTML/CSSのマークアップやWordPressのカスタマイズ案件を経験し、サービス構築やブランディング、サイト設計や戦略プランニング、各種原稿、書類作成まで担う。
独自色の強いコンテンツマーケティングの人という立ち位置も見出だしつつあり、不足しているものを補うべく、日々実践中。

2018.05.23

2018.05.23

Loading...
Facebook Messenger for Wordpress