仮面ライターがやりたいこと(マイルド) 仮面ライターがやりたいこと(マイルド)

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

この記事は約2分で読めます。

もう少しマイルドにやりたいことと望みとを整理してみる。

結局、前段抜きに言いたいことを言ってみると、こんな感じのお花畑的な発言になる。

仮面ライターがやりたいこと、マイルドテイスト

日本も世界も、暗雲が漂っているように思うのは経済の問題に見せて、本当は心の、家族の問題なんじゃないかと思ってる。

自分より優秀な人に働いてもらえないリーダーも、自己保身や社内政治に必死な組織よりも自分の利益を追い求める人も、困難から逃げて簡単な方ばかりを選んでしまう人も。

人の弱さは知っている。知っているけれども、そのままで良いわけではなくて。そこをキッチリ解決していかないことには、設備投資も人材教育もトリクルダウンも起きようがない。

きちんと訓練を受けたカウンセラーでもコンサルタントでもコーチでもないけれども、対話を繰り返してWebサイトや組織を育てていくことで、相手の心や相手の家族を治していく。それを繰り返して、経済成長を成すべく粉骨砕身したいというのが、ほとんど本音。経済と家族の問題とで痛い目も見たし、沢山寄り道したからこその、やりたいこと。

世界を真っ当な方向へ作り変えた上で、居心地の良い大きな群れの中でのんびり過ごす。そういう日を迎えるべく、一人一人と向き合いながら、世界を変えていきたい。

大規模な破壊や変革は、近いうちに必ず起こる。自分が起こすとまでは言わないまでも、「ノアの箱舟」か「幼年期の終わり」のようなことは起こると本気で思っていて、自分の好きな人たちは未来でも生き残っていてほしいから、生き残る側の群れを作らせてというのも本音。僕の手を取らなきゃ、遅かれ早かれ、滅ぶと思うよと。

だから、自分の経済成長のためにも、あなたの経済成長のためにも、コンサルもしくはWeb制作をさせてもらえませんか、小さなアライアンスを組んで、大きな群れを作るきっかけをもらえませんか、というのがお願い。

新しい世界の秩序、ルールを作る側に、自分が好きな人たちを連れて行ってあげたい、一緒に登り詰めたいというのも偽りのない願望。

怪しい電波出しまくりの奴ですが、拾い上げてやろうという方いらっしゃいましたら、ぜひお声掛けください。

よろしくお願いいたします。

長谷川 雄治

長谷川 雄治はせがわ ゆうじ

2013年から、仮面ライターを掲げて活動中。
物書き&Web制作、コンサルティングが本業だと思い込んでいる、ただの変な人。