行動規範の解説 その3

2016.07.15

行動規範その3、「小細工なし。いつでも真っ向勝負」の理由をざっくりと解説してみました。
効率のいい方法、自分の力の出し方に向いている方法を探ると、結局こういうスタイルにたどり着く、というお話です。

この記事は 約 2 分で読めます。

, ,

行動規範その3、「小細工なし。いつでも真っ向勝負」

小細工や、誤魔化しのようなウソ。こういったものは、その瞬間は良くても、長い目で見ればコストにしかならないというのが個人的な意見です。
その場しのぎを絶対にしないとは言わないですが、効率の悪いことをやるような体力も時間も持ち合わせていないので、いつでも有効な手段を取りたいと思っています。

回り道をすることもありますが、直視はしにくい問題も真正面からぶつかってみる。
それが一番効率がいいような気がするので、小細工や有力者に取り入るようなことのためだけに、時間や能力を割くというのは極力したくないと考えています。

ムラ社会の決まり事、みたいなものは全力で叩き潰して、不要なものはとことん排除していきたいのが、行動規範その3です。

小細工をしてしまうと、持ち合わせている能力も上手く発揮できないというのもありますし、力を出し切らないと、その余力が調子を悪くする要因にもなったりするので、全部出し切れるような取り組み方をして、効率良く、きちんとした仕事をしていきたいと思っています。

また、空気や立場を踏まえない発言や行動なんかも、本質や真正面から逸れない限りは積極的に取りに行くこともしばしばです。
そういうところを怖いと言われたりもしますが、虎穴に入らずんば虎子を得ずともいうので、目先のリスクは積極的に取りに行って、後回しにしてはいけない本質的な問題の方を最優先で解決していきたいとも思っています。

一見危ない、ありえない方を選ぶことで、最短最速で成長していけますし、成長した分貢献していけるとも思っておりますので、見る側の方は終始ハラハラするかと思いますが、最後まで見守っていただけましたら幸いです。

執筆者プロフィール

長谷川雄治(はせがわ・ゆうじ)

物書きな作れるWebコンサルタント。
HTML/CSSのマークアップやWordPressのカスタマイズ案件を経験し、サービス構築やブランディング、サイト設計や戦略プランニング、各種原稿、書類作成まで担う。
独自色の強いコンテンツマーケティングの人という立ち位置も見出だしつつあり、不足しているものを補うべく、日々実践中。

2016.07.15

2018.04.30

Loading...
Facebook Messenger for Wordpress