個人的な見解 「老化現象」を止めないと日本は沈む

2016.08.02

日本は、「常若」(とこわか)という考え方を持っている。数年前、話題に上った伊勢神宮や出雲大社の式年遷宮が、常若の代表的な例。使われている素材は、温暖湿潤な日本には豊富な木材が主体なんだろうけど、やはり腐ったり、朽ちたり、 […]

この記事は 約 4 分で読めます。

, ,

日本は、「常若」(とこわか)という考え方を持っている。数年前、話題に上った伊勢神宮や出雲大社の式年遷宮が、常若の代表的な例。
使われている素材は、温暖湿潤な日本には豊富な木材が主体なんだろうけど、やはり腐ったり、朽ちたり、地震で歪んだりもするはずで、二千年以上の歴史がある国家でずーっと信仰の対象を守り続けるには、「古くて新しい」常若というやり方がピッタリはまったのではないだろうか。

外側の形はそっくりそのままに、構成する要素を入れ替えるという意味では、同一性のパラドックスとして有名な「テセウスの船」の一つのようにも思えるけれども、それは今回関係ないので脇に置いておく。

先を見越して材木を育てたり、伝統的な技法も受け継いだり、次の場所も確保しながら、カタカナでいう「サスティナビリティ」な永続性を重視したやり方に通じる、常若という考え方があるわりに、神道や文化財の世界から出てみれば他の分野には導入されていない感じがしてくる。

「世界屈指の長寿国」で喜んでばかりいられない

寿命が延びて、健康的に長生きできる世の中になったのは非常に素晴らしいことだと思うけれども、それと同時に世代交代が難しい国にもなりつつあるように思う。

その元凶がどこかと言われれば、おそらく相続税の高さなんだろうけども、伸びた寿命に合わせて定年も伸びてしまったがために、経済界の若返りは特に難しくなってしまったような気がする。

立場の入れ替わりや世代交代が定期的に起こらなくなったせいか、組織内での考え方や手段、個人の資産分布の固定化も始まっているような感覚もある。ジニ係数はそれほど高くなかったり、若年層の賃金は上昇に転じているという現象があるというものの、相対的に権力もお金も、政治の中心も、人口が多い高齢層から動かなくなってしまっている印象がある。

高齢層に色んな力が集中したまま、世代交代も起こせずにいると、だんだん革新も難しくなり、新しいことに取り組むのは面倒臭いというシーンも増加し、考え方も固定化したまま、資産も権力も固定化したまま時間が過ぎていくことになる。

色んなことに面倒臭いと節々が動かなくなるということは、社会全体が老化に陥ってどんどん寿命が尽きていくという状況を迎えているのではないだろうか、というのがほぼ感覚的な個人の見解。

それもこれも、先回しにしたツケ

いわゆる団塊の世代や、団塊の世代ジュニア、脂ののった時期にバブルを迎えた世代が、人口も経済も右肩上がりの時代を過ごしてきたために、両方が落ち込んだ瞬間の対策を真面目に考えず、世代交代もせず、自分たちの権利を必死に守るべく若者や未来を犠牲にし続けてきたのが、今の原因じゃないだろうか、というのも個人的な見解。

人口も経済も、低成長もしくはマイナス成長を迎える局面で、経済成長を諦めないためにやるべきことは、権力や資産の流動化であり、大量の革新、イノベーションを許容することで社会全体の若返りを目指すことなんじゃなかろうか、というのも個人的に思うところ。

有望な現場から未来を奪うな

リーダーに回った中高年が、革新の足を引っ張って既得権益を守る「老害」化して、達成できたであろう経済成長を押さえつけるようなことは、もうやってはいけないと思う。

確かに、現場の頭を押さえつけておけば、将来の立場も安定でしょうが、それを続けていくと現状維持を続けたのちの衰退という運命が待っているので、最悪の事態を迎える前に世代交代やイノベーションには取り組んでいかれた方がいいのではないかと思います。

生前に家督を譲りやすいように、相続税なんかの見直しも、ぜひ進めていただきたいとは思いますけどね……。

サスティナビリティの高い経済成長を遂げるためにも、若者がイキイキする社会に変えるためにも、明治維新並みの大変革を平和裡に実現することができれば、日本はまだまだ「常若」で居られるんではないか、というのも個人的な見解。

妄想はこの辺で終わっておきましょう……。

執筆者プロフィール

長谷川雄治(はせがわ・ゆうじ)

物書きな作れるWebコンサルタント。
HTML/CSSのマークアップやWordPressのカスタマイズ案件を経験し、サービス構築やブランディング、サイト設計や戦略プランニング、各種原稿、書類作成まで担う。
独自色の強いコンテンツマーケティングの人という立ち位置も見出だしつつあり、不足しているものを補うべく、日々実践中。

2016.08.02

2018.04.30

Loading...
Facebook Messenger for Wordpress