『続く会社、続かない会社はNo.2で決まる』を読んでみた 『続く会社、続かない会社はNo.2で決まる』を読んでみた

この記事は最終更新日から2年以上が経過しています。

この記事は約2分で読めます。

著者大塚英樹
出版講談社プラスアルファ新書

※中身の話はあんまり出てこない気がするので、実際に読まれた方がオススメだとは思います。

日本に足りないのは、マトモなNo.2

先日読んだ、『イギリス人〜』の見解の中で、「日本はリーダーが無能だ」みたいなことを発信してしまったけれども、本当の問題はもしかしたら、きちんと「組織のため」に自己犠牲を働かすことができる、リーダーに諫言できるNo.2がいないことのような気がしてきた。

組織の看板である経営者、創業オーナー的なリーダー、トップはどこの組織でも必ずいて、組織を形成するために必要な現場の構成員、社員も必ずいるけれども、ポジションとしてのNo.2ではなく、組織のために機能する扇の要たるNo.2というのは、どの組織にも必ずいるとは限らないようだ。

そして、このNo.2を持たぬが故に「裸の王様」になっているリーダー、「社会の公器」になり得ていない「尊敬されにくい企業」も相当な数が日本には存在しているような気がする。

ここにテコ入れをしていかないと、日本の経済成長というのは難しいのではなかろうか。

トップの夢をカタチにし、組織の頭と手足を繋ぐ背骨としてのNo.2

トップの夢を、相談相手として聞きながら、組織を一つにまとめるために現場の社員と心を通わせる扇の要。
これが、No.2として大事な役回りのようだ。

組織を守るためにはどうすればいいかという視座から、トップを見守り、間違っていれば正す。
現場からの意見をトップに伝え、トップからの意思を現場に伝えていくのも、No.2の重要な仕事。現場の細やかな動きや社員と心を通わせて組織につなぎとめつつ、全体を下支えするのも、No.2の大事な仕事だと著者は言う。

トップはトップの仕事に集中し、現場は現場で自分で考えて行動する主体性を発揮する。
そういった仕組み作りを、リーダーのカリスマに頼らずに実現しつつ、組織を大きくしていく「無私」の人。

各事業部の考えを把握している「知」の人であり、世の中の動きも織り交ぜて考え抜く参謀役を果たすと同時に、人の気持ちを細やかに把握する「情」に厚い世話役も果たせる人でなければ、マトモなNo.2はできないようだ。

また、誰でも彼でもNo.2をやれるということではなく、そこにはトップとの相性といったものも存在するから、全員の相棒役をできるNo.2というのもまた、存在しにくいようだ。

中小零細企業にこそ、No.2が必要だ

必ずしも必要とされていないNo.2。
どちらかといえば余剰人材であるだろうし、個人商店が大きくなったような企業には、ワンマンなカリスマリーダーが多いだろうから、必ずしもイエスマンではないNo.2といった存在は煙たがられるようにも思う。

しかし、どんな大企業であっても、カリスマリーダーだけでは保たない時代。
もっと体力のない弱い存在の企業にこそ、組織のために自己犠牲を果たしてくれるNo.2、扇の要となる人材が必要なんじゃないだろうかというのが、個人的な見解。

沢山ある中小企業だからこそ、No.2の力で無理なく拡大させられるような、働きやすく稼ぎやすい世の中を作っていく。
その一助を担えればと思いつつ、まだまだ実力も後ろ盾も足りないなと思う今日この頃です。

長谷川 雄治

長谷川 雄治はせがわ ゆうじ

2013年から、仮面ライターを掲げて活動中。
物書き&Web制作、コンサルティングが本業だと思い込んでいる、ただの変な人。