仮面ライターとしてやりたい3つのこと

2016.09.25

やりたいことの3つ目は、仮面ライターという半ばふざけた屋号でやる自分だけの領域から。正義の味方でも自由の味方でもないただの人だからこそ、成し遂げたいことがありました……。

この記事は 約 8 分で読めます。

,

1.世界を治す

行き過ぎた資本主義や拝金主義、ITの発達に伴う金融革新など、過去にもあった「インチキ」や「投機」など、周到に用意された合法的なズルなどのおかげで、日本に限らず、世界中の経済が利己主義一色に染まろうとしているような気がしています。

他の人のことや、全体の調和など、一切合切を無視して、「合法だから」とルールの不備をついたり、「見る目がない方が悪い」と何の価値もないガラクタを売りつけるような商売がはびこり、そうやってインチキな財をなした利己主義者が金融市場になだれ込み、好き放題にお金でお金を稼ぐような世界になっているように思います。

まともな労働による生産よりも、資本による利益の方が大きくなる。それは仕方がないことなのかもしれませんが、その状態やそれをやり続ける立場を守るために、「創造的破壊」の芽を摘んだり、そういった努力を嘲笑うような勢力の方が力を持ったりするのは良くないことだと思うのです。

まっとうに努力している人が報われて、芽生えてくる新しい価値観や才能が潰されることなく伸ばしてもらえる世界。教養の豊かな人たちや感受性の豊かな優しい人たちが、ズルい人たちに騙されたりされない世界。自分だけがよければいいと思っている人たちをきちんと懲罰できる世界にして、少しでも楽しい世界に変えていきたいと思っています。

幸い、無教養な人や読書をしない人、違う価値観を認められないリテラシーしか持たない人は上のステージに登りにくい世の中にはなりつつあります。商売の世界ではまだ大きな変化は訪れていませんが、消費者の世界、一般生活者の世界ではまともに情報を受け取れる人や自分で考えられる人というのは増加傾向にあるのか、マスメディアが流したままの情報をそのまま受け取る人は少なくなりつつあります。

ただ、そのあたりはいわゆるデジタルディバイド、インターネットに日常的に触れているかどうかで大きく異なるので、そういう領域も、なんらかの手立てを考えたいところではあります。

色んな問題がある中で、解決へ向けて進んでいくためには、「大人」の中でも特に「困ったちゃんの大人の心」をケアしていく必要があると考えていて、そういったことを専門の先生方と取り組んでいければとは思っています。

経済的に豊かになっても、心が豊かにならなければ温かな家庭や幸せな家族というのは構築しにくいでしょう。まずは一つ一つの家族がきちんと幸せであれるように、心の問題が生み出す「母という病」や「父という病」、「パーソナリティ障害」といったものにきちんと向き合っていければというのが、やりたいことの1つです。

特に、利己主義の人や、問題のある経営者は心の問題を抱えている可能性が高いと思うので、広報のサポートやウェブサイトの構築を通じて見えてきた経営者の問題、人材の心の問題を一つ一つ解決していくことが、「世界を治す」に通じると信じているので、目の前の案件に対して、一つ一つ丁寧に関わらせていただくことが大事だと考えています。

2.世界を新しくしたい

日本国内では、需給ギャップが供給過剰な方に10兆円ほど出ているといいます。また、経団連に属している企業の大半があまり利益を上げられていないようだというのも、何かの書籍で読んだ気がします。
おまけに、日本の1人あたりの生産性というのはそれほど高くないようで、労働時間のわりには生産に結びついていないという状況も生まれています。

一所懸命働いて、一所懸命無駄の多いことをしながら、いらないものを10兆円も作っているのは日本国内の出来事ですが、ヨーロッパではドイツの失速、BRICsと言われた新興各国もインド以外はほぼ下落傾向。今までと同じやり方では物が売れない時代がやってきているのにもかかわらず、日本では旧態依然とした生産性の低いやり方を取り続けようとしています。

新しい技術やツール、新しい考え方なども沢山流通しているのに、「創造的破壊」やそれに伴う立場の喪失などが怖いのか、精神的に未熟なのに力を得てしまった中身のない成金や、しょうもない経営者や役員、年寄り連中が日本に限らず世界を硬直化させています。

そういった状況を少しでも変えて、もっと平和にもっと活発に若者が将来に希望をいだける世界を作っていきたい。それを形にするためには、新しいものをどんどん現場に定着させていって、ありとあらゆるものを刷新していく必要があると考えています。

以前と同じやり方、以前と同じツール、以前と同じ教育や知識の持ち方ではもう消費者や若者は受け入れてくれないというのも、政治経済の結果として現れているにもかかわらず、導入が進まないのは「大人」が抵抗しているからでしょう。

古いものがすべて悪いとは言いませんが、「常若」の考え方で新しくすべきものは新しくする、若手に譲るものは譲るといった世代交代などが必要になってきているはずなので、そういったことを断行する一人になれればと思っています。

情報や知識がきちんと行き届いていないのなら、私が届けてみる。新しい仕組みが定着しないなら、一緒にやってみるといった、コンサルティングやコーチング、ティーチング的なことも今後取り組むべき領域だと考えています。

無教養な商品やサービス、どう感じられているかがわかっていない広告や広報はどんどん見向きもされない世の中、消費者や生活者の心理も新しいものになっているよ、というのもきちんと伝えていきたいところではあります。

3.一人一人の可能性や個性、自由を100%以上引き出して、守り通せる世界にしたい

自分なりの正義を掲げて、力で同質化を求めてしまっては、今の支配者や為政者と同じやり方になってしまいますし、そういった格差を作って支配層を固定化するようなやり方も好みではありません。

ルールは必要だと思いますが、理想は紳士淑女と血気盛んな真面目な若者とが主流になる世界を作りつつ、各人の目指したい未来や持てる力には一切の制限を課さない自由も許される世の中がいいと思っています。

高いモラルが前提になってしまうと思いますが、それすら問題にならないレベルの十分な教養、高い精神修養が済んでいない人と、目先の快楽を追い求めて堕落してしまう人の世界とは、今後決して交わらない時代がやってきます。

教養や読書といっても、ベストセラーばかりを読む人間では成金になれても教養のある人にはなれません。古典や世の中のあり方を追求するような書籍を読み、目に見えないものにも敬意を払い、目に見えないものの違いすらわかる人になれなければ、この先の新しい世界では存在も認められない日がもうすぐそこまで来ています。

ルールや規則すら不要なレベル、自助努力、お互いに敬意を払えるのが当たり前の世界で、誰にも制限をかけられることなく、己に託された力や可能性を目一杯発揮してもらう。その力で先達と競い合いながら乗り越えていく。お互いにぶつけ合う。その上の調和というのが、これから進歩していくには不可欠な考え方だと思っています。

つまり、各個人に今まで以上の修養が求められる時代が目の前にきているということでもあります。中身のない議論や、利益につながらない無駄な工数に時間を割く余裕なんかどんどんなくなっていって、自分にしかできないことを磨きあげる時間を最大限に取らないと生き残れない、超弱肉強食の世界。そこで生き残っていただくために、他の余分なもの一切合切を引き受けて合理的に対処してあげられるようなスキル、実力を持てればと思っています。

自分一人だけでなんとかできる話ではないので、色んな人と協力しあいながら、効果の出せる環境やシステム、仕組みを作り上げていきたいと考えているので、是非お力をお貸しいただければと思います。

まずは大阪で、まずは日本で。それから世界へ

どれもこれも、頼まれていないものだと思いますが、だからこそお金をもらいながら強引にやらせてもらって、今まで予測していなかった想定外の成果をバンバンお届けできるようになるのが、理想の姿です。色んな人に、幅広い法人さんに結果をお届けしながら、影響できる範囲をどんどん広げていく。お相手できる相手をどんどん格上げしていく。そして影響力や実力を高めていく。

案外、誰も彼も自分の生活を営むのに精一杯で、世間のことや他人のこと、天下国家や時代の流れに思いを馳せたり、自分以外のことのために行動できる人は多くないとも思うので、そういったところを「わざわざ」やる酔狂な男が一人ぐらいいてもいいだろうというのが、仮面ライターの目指すところです。

まだまだ、実力も実績も目指すものからすれば程遠い存在の、ちっぽけなビッグマウスではありますが、皆様に機会をいただくことができれば、不可能な成長だとは思わないので、ぜひご自分の未来、国の未来のため、世界の未来のためにもお力添えいただけましたら幸いです。

何卒、よろしく御願いいたします。

執筆者プロフィール

長谷川雄治(はせがわ・ゆうじ)

物書きな作れるWebコンサルタント。
HTML/CSSのマークアップやWordPressのカスタマイズ案件を経験し、サービス構築やブランディング、サイト設計や戦略プランニング、各種原稿、書類作成まで担う。
独自色の強いコンテンツマーケティングの人という立ち位置も見出だしつつあり、不足しているものを補うべく、日々実践中。

2016.09.25

2018.04.30

Loading...
Facebook Messenger for Wordpress