ZenlogicにWordPressを入れてみた

2016.10.11

9月でお邪魔した「CMS夏祭り2016」で知って以来、いつか試してみようと思っていたファーストサーバさんのクラウドサーバ、Zenlogicを触ってみました。ついでに、WordPressを入れるところまでやってみました。

この記事は 約 5 分で読めます。

,

まずは、情報の確認と申し込み

Zenlogicのページで、料金等を確認してみましょう。
https://zenlogic.jp

zen_01

今なら、20周年記念限定プランとして月額890円相当のプランが申し込めます。独自ドメインの取得費も一般的な料金で、独自SSLは無料で使えるので、費用を考えれば格安と言えるのではないでしょうか。

2週間無料でお試しが出来るので、ボタンをポチッとしつつ、手続きを進めます。

zen_02

料金プランを選んで、画面の表示に従って項目を入力してください。この先は、メールアドレスの確認等を挟んで申し込みの完了の流れになります。

その後、メールが何通か来ますが、ユーザーポータルにログインできるようになってから大体15分ぐらいで、申し込んだサーバが使えるようになりました。

管理画面はこんな感じ。

zen_03

割とレンタルサーバのコンパネっぽい感じで、今風ですね。さくらインターネットさんの共用サーバとか、Xserverさんをよくご利用される方には使いやすいUIなのかなと思います。

zen_04

簡単インストールも幾つかありますね。ちなみに、付与されたデフォルトのドメインを見に行くと以下の画面に。

zen_05

このまま簡単インストールをしてもいいんですが、先にPHPのバージョンを見に行きます。

zen_06

選択できるのは、5.3と5.6。デフォルトの5.3から、5.6に切り替えて保存しておきます。さすがに、PHP7の提供は価格帯的にないですね。PHP7の恩恵を受けたければ別のサーバを選びましょう。ここから次の手順へ。

DB、phpMyAdminを用意する

WordPressを使うために、MySQLを起動させます。画面の案内に沿って管理アカウントのパスワードを設定してあげれば、すぐに立ち上がります。

zen_07

phpMyAdminがなくても支障はないですが、あった方が便利だと思うので、簡単インストールを使います。

zen_10

zen_08

何点か設定項目はありますが、画面の注意などに沿えば簡単にできるでしょう。”付与された[デフォルトのドメイン]/phpmyadmin”へアクセスするとログインを求められるので、MySQLの起動時に設定したrootとパスワードを入力します。

WordPress用のDB(データベース名 wordpress)もついでなので作っておきましょう。文字コードは、utf_general_ciで。

zen_09

これであとは、簡単インストールすればOKのはず。次の手順へ進みましょう。

WordPressの簡単インストール。phpMyAdminも新規DBも不要だったかも

もう一回、簡単インストール。今度は、WordPressを選択。

zen_10

zen_11

新しくDBを作る項目がありますね。DBを立ち上げるだけで良かったのかも。DBのユーザー名、パスワードとプレフィックスを設定しつつ、画面の注意に従って入力していけば、インストールが終わります。

が、URLの入力を間違えたのか上手くいかなかったので、今しがた入れたWordPressを消して、FTPから改めてインストールします。

FTPアカウントを作ります。

zen_12

zen_13

FTPアカウントを登録したら、そのアカウント情報とサーバ情報のFTP情報とを使って、FTPソフトからサーバに接続します。WordPressのファイル一式をDLするなり、手元のデータをアップロードするなりして、いつものようにWordPressをインストールします。

デフォルトの直下に入れると面倒なので、”/wordpress/”の中に入れてあげて、サイトURLを変更します。
参考記事:WordPressのトップページのURLを変更する方法

これで、WordPressはインストール完了。テーマやらシステムやらを新しいのに更新しつつ、「メタ情報」のウィジェットは取り除いておきます。

最後は、GTmetrixでスピードテスト

zen_14

zen_15

1.3秒、リクエストは12。何にもデータを入れてない上に、画像もOGPなどの設定も、解析タグも、プラグインも入れてないとするとこんなところでしょうか。それでも、一般的な共用サーバに比べればいくらか早いと思います。これで、独自のSSLが無料でついて月額1000円を切るのなら、お得じゃないでしょうかね。

スペックが足りなくなれば、プランを上げることはできるようなので、格安プランがあるうちに(2016年11月30日まで)一度使ってみるのもオススメでしょうか。

Zenlogic公式サイト:https://zenlogic.jp

※デフォルトのドメインではSSLは利用できないので、SSLをご利用される場合は、独自ドメインの取得や設定が必要になります。それでも、取得費や更新費が不要というのはお得!!

執筆者プロフィール

長谷川雄治(はせがわ・ゆうじ)

物書きな作れるWebコンサルタント。
HTML/CSSのマークアップやWordPressのカスタマイズ案件を経験し、サービス構築やブランディング、サイト設計や戦略プランニング、各種原稿、書類作成まで担う。
独自色の強いコンテンツマーケティングの人という立ち位置も見出だしつつあり、不足しているものを補うべく、日々実践中。

2016.10.11

2016.10.21

Loading...
Facebook Messenger for Wordpress