平和主義だから、スタンドプレーにも走りたい

2017.02.16

「結局、何をやってる人なのか」第八弾。協調できる反面、たまに空気やムードを壊したくなるのは何故なのか。改めて、言葉にしてみる。

この記事は 約 4 分で読めます。

,

過度の「協調」は良くない気がする

「みんなで仲良く」は、大いに結構だと思う。そもそも、誰かを傷つけたくもないし、和や空気を乱すことはしたくない。平和であってほしいから、できれば協調を優先したい。自分の意見を抑えることも、人並みにやれている、と思う。

そもそも、三人兄弟、姉妹の間で育ってきたこともあるし、転勤族で新しいコミュニティに馴染むことをやってきたこともある。人の和を乱さずに、自分の色も消さないやり方は半ば無意識に伸ばしてきた。我を主張しすぎると排除されるところで、うまいこと折り合いをつけてやってきた、と思う。

それと同時に、「協調」や「同調」がもたらす、重々しい雰囲気や無言の圧力、みたいなものにも抵抗したくなってしまう。みんなで同じことをしすぎると、集団の盲点を作ることにもなりそうで、風通しのいい「平和」を作りたいから、適当に自分勝手なことをやって、空気を読んだ上でKYな行動をとりたくなってしまう。

上下のある人間関係も嫌いだし、立場や権威をかさにきたやり取りもしたくないし。自由に発言できない、作られた「平和」や「無理して調和している」状態も好きじゃない。みんなが平等に、自由気ままに発言したり、行動したりしてもいい場を保ちたいという思いがある。

また、協調が強すぎる集団は変化にも弱く、想定外の盲点にも弱い。集団を生き延びさせるためにも、適度に壊したり、変化を加えたり、一人だけ別行動をとってプランBを実行しておいたり、そういう役回りをする奴が味方にいた方がいいとも思っている。

協調しつつ、勝手にやりたい

007的なスタンドプレーに走るとしても、場面場面では集団や組織に対して協調している状態も保ちたい。その「状態」を大きく壊したくはないし、自分の行動に制限もかけられたくない。集団に対する責任を果たしつつ、「表」の動きにも貢献しつつ、その上で「水面下」の勝手な動きで「いざという時に備える」、みたいな動き方をとりたい。

これは、3人兄弟の真ん中だったからというのも、影響しているのかもしれない。見られ続けると、上手く動けない気がする。「戻れ」と言われない程度に、目立たずに。それでも独自にやりたいようにやる。失敗したところもできるだけ見せず、上手く行った時だけ注目を集めるような「見せ方」をとりたい。そうでないと、途中で止められてしまうような気もしている。

「自分にしかできないこと」と「新しいこと」もやって、陰ながら組織を守りたい

協調性が強すぎると、反対され得る動きはとりにくい。前例にないことや、先入観、常識に反した行為は制限されてしまう。そればかりでは、いざという時の変化に対応できないし、時代の変化にもついていけない。どんどん陳腐化したり、老化してしまう。代謝が起こらない組織、集団は時間とともに滅びてしまう。

それを、陰ながら防ぎたい。できれば、後から物凄く賞賛されるやり方で、過去に誰もやっていないことを成し遂げて。

そうすると、必然的に、「反対される」手をこっそり進めるということになる。どこかを破壊するやり方だったり、革新だったり、「よく理解できない」ぐらい新しいこと、だったり。失敗しても上手くいっても、どこかで非難されることや、強引にやると嫌われることこそ、自己犠牲的にやりたくなる。そういう、病気に近い癖もあって、スタンドプレーをやりたくなってしまう。

自分の頭で考えて、やるべきことをやる。ただ、それだけ

「協調」や「同調」、あるいは集団の「平和」や「調和」を成立させるために、盲目的にやるというのは、やりたくない。必ず、自分の頭で考えて、そうしたほうがいいと判断した場合にのみ「協調」や「同調」をやる。そうでないほうが全体のため、あるいは自分のためになると判断した場合は、あえて逆の行為をやる。短期的には損失や損害をもたらす行為も進んで担う。

スタンドプレーも、一見破壊的に見える行為も、KYで身勝手な動きでも、全部自分の頭で考えて、自分でリスクも責任を取ってやる。自分独自の判断が、真の「平和」や「自由」をもたらすと信じて、ブレずに自分を貫こうと思っています。

信念を貫いて、背中で語れる漢になりたいなぁ……。

執筆者プロフィール

長谷川雄治(はせがわ・ゆうじ)

物書きな作れるWebコンサルタント。
HTML/CSSのマークアップやWordPressのカスタマイズ案件を経験し、サービス構築やブランディング、サイト設計や戦略プランニング、各種原稿、書類作成まで担う。
独自色の強いコンテンツマーケティングの人という立ち位置も見出だしつつあり、不足しているものを補うべく、日々実践中。

2017.02.16

2017.02.16

Loading...
Facebook Messenger for Wordpress