プロフィール

長谷川 雄治(はせがわ ゆうじ)

昭和63年2月3日生まれ。B型。
生まれは西宮市、育ちは主に茨木市・池田市。

略歴

平成22年3月、大阪電気通信大学 総合情報学部 デジタルゲーム学科を卒業。卒業後も、ゲームプランナーとしての就職を望み就職活動を継続するも断念。営業職のトライアル雇用、データ加工のアルバイトを経て、Web業界へ。HTML/CSSコーダーからスタートし、WordPressやEC-CUBE、カラーミーショップのカスタマイズなど、その多くを独学かつ実務ベースで身につける。

平成23年8月頃から、個人名義での制作業務も活動開始。上述の構築関連以外に、組織化やマーケティングに関する領域も担う。
平成25年4月、屋号「仮面ライター」として開業。グランフロント大阪のコワーキングスペース「コラボオフィスnx」にスターティングメンバーとして入居(翌年8月退居)。自らも経営者として学び始める。以来、座学と合わせ、幅広い学習と数々の業務経験から、従来の制作業務に留まらない分野を学びながら、現在に至る。

その他の遍歴

ひょんなことからゲームシナリオライター、ゲームプランナーを志望し、それに向けた準備や勉強を中学生の頃から始める。独立開業した場合の知識や、他に興味のあったコンサルティング、金融や法律方面の知識も学び始める。
その一方で、企画力や表現力を磨く手段として「小説」を選択。原稿用紙とペンでできる修行として主にファンタジー小説を書くようになる。

大学生の頃からは、意識的に読書量や映画鑑賞も増やすようになり、受け取る能力や経験値の強化にも取り組む。クローズドなSNSでのパロディ小説連載や、学生向けサービスでの掌編小説応募などにも挑戦。数回の佳作入選、一回の特別賞入賞を経てなお、未だに稚拙な文章を磨くべく、こちらも独学で実践を繰り返しながら勉強中。

『壊乱』は、リハビリのつもりで、あえてほぼノンプロットで書き下ろしている不定期連載。

学生時代はプランナー志望ということもあり、ゲームシナリオやゲームデザインに関する領域も学習。人間の心理、行動心理学、映像演出、編集術、仕事上必要なチームビルディングやマーケティングに関する手法や考え方など、現在の仕事に繋がるタネに当たる要素をおおよそ学ぶ。
組織化に関する実践、事務的な実務もこの時から少しずつ培う。

実績

  • CMSカスタマイズ、HTML/CSSコーディング 49件
  • サイト企画、内部SEO、ライティング〜コーディング兼務 39件
  • 動画作成(企画構成、撮影、編集まで) 6件
  • ライティング、SNS広報など 6件
  • ブランディングサポート 6件
  • 組織化、内部統制コンサルティング 5件

その他 制作活動など(主に学生時代)

  • 小説の執筆(趣味の範疇) 掌編〜中長編までひっくるめて 10本前後
  • 文化祭の演劇脚本 1本 / 卒業式の答辞作成 1本
  • 高校生徒会にて広報部長就任 1年弱 生徒会報の紙面、Web用ニュース原稿作成
  • 動画の企画作成 3本
  • ゲーム企画の立案、ならびに会議の進行、マネジメント担当 4件(大学での授業の一環)
  • オープンキャンパス時のイベント企画、台本作成、チームビルディング(同上)
  • 卒業制作にて、映画制作に挑戦。
    脚本、演出、撮影、プロモーション関連、外部折衝、HP制作、マネジメント等担当
Loading...
Facebook Messenger for Wordpress